スランプからの脱出 ビジネス

スランプからの脱出

 

【佐藤美帆 カウンセラー講座】~自分の魅力を発揮して愛と豊かさにつながる~の購読申し込みはこちら


こんにちは、Felika(フェリーカ)オーナー&
カウンセラーの佐藤美帆です。

私はカウンセラーとして2015年から活動していますが

2017年くらいから限界を感じました。

やってもやっても、なにかつまらないんですね。

そして、休んだり、新しい学校にであって通ったりしていますが、

わりと、のんびり、自由に、やっているのに、

どうして、ワクワクしないんだろう?

 

こう思っていました。

 

でもね、気づいたんです。

 

「あぁ、わたしは頑張って休もうとしているのかも。」

「もし、再び、活動したらまた悲しいことや

傷つくことになるのを恐れているのかも」

こんな思いがあることに気がつきました。

 

私は好きでやって、情熱だけではじめて

たくさんの方からのお声を頂戴できたり

ご縁をいただくことができました。

 

役に立ちたくて嬉しくて頑張っていましたが

燃え尽きてしまいました。

 

燃え尽きたとき、もっと頑張ればと思って

自分の限界を超えようとしました。

 

でもね、逆効果でした(笑)

 

ずっと、つらいままだったけど、

無視をしてきてしまって。

自分の声を。

 

犠牲的に与えるのが愛と思っていたのかもしれません。

 

自分の声を無視し続けると

アクセルとブレーキを一緒に踏んでいるから

車でも壊れてしまいそう。

そのまま。モヤモヤして

ほかの誰かを批判したり

比べて自己嫌悪したり。

無力感に苛まれたり。

望まない方向でエネルギーを発散しようする。

 

 



いまは、

気合を入れなくても、

軽いエネルギーでセッションもできるようになって

新しい見方を学んでいるので

セッションの幅が広がったり。

 

自分の中の声を認めたら

やりたい時に仕事をして

できないときはやらない

休憩が必要だと思えば

休み、

自分のペースで仕事ができるようになりました。

 

どこかで、満席にしないといけない

大きなセミナーをやらないといけない

人をたくさん集めないといけない

 

それって、なんのため?

セッションはお客様のためのものなのに

何のために仕事をしているのかわからなくなりました。

 

でも、自分を取り戻してからは

自分の中のネガティブな声にも傾聴できて

私のもうひとりの私からのメッセージを受け取って

守っていてくれてありがとう。

こんな言葉をいつも自分にかけるようにしています。

そうすると、周囲の人の優しさがアップしたり

支援の手が増えたりして

なぜか、自分でやらなくても

周囲にサポーターが来てくれます。

 

お客様もがむしゃらにやっても来なかったのに

何にもしないで?

というわけではないけど、

特別なことをしなくても

ベストな人数と

相性の合うお客様が来てくれます。

自分が動けないのに、頑張り続けないとと、思っている方は

不安がベースにあることを無視しないでくださいね。